07日 8月 2019
日本は猛烈に暑い日が続きます。 昨夜は蚊の飛来に悩まされました。 眠りも浅かったです(笑) 先日の記事(娘のカナダ留学)に関してコメントをいただいた方々ありがとうございました。 当初のホームシックはどこに行ったのやら?? 連日頼もしい報告が届きます。 親としては心配ですが、自身の判断と行動で道を切り開いている姿が誇らしげです。...
ジャーナリング · 07日 8月 2019
日常を記録することなら、どんなことでもこの未来への投資につながるのではないでしょうか?ダイエットでも、貯金でも、ウォーキングでも、習い事でも。記録することで小さな積み重ねが可視化されていきます。その楽しさが、習慣化への第一歩だと思います。

日常の中の風景 · 25日 7月 2019
社内での人間関係は一定の距離と信頼関係を保ち、一方通行にならないことがとても大切だと感じています。 子育ては親育てだと、常日頃痛感しています。 つまり、部下育ては上司育てなんですね。 会社の成長=従業員の成長 従業員の成長=幹部の成長 まずは、常に「うまくできる方法」を考えて、自分が成長したいと思います。
ジャーナリング · 17日 7月 2019
今回は、行動したいこと、または行動しないといけないことを実行に移すために、どうやったらそれを習慣化できるか?ということについて書いて見たいと思います。

日常の中の風景 · 05日 7月 2019
「仕事ができる」と 「整理整頓ができている」 は、表裏一体です。 どちらかができている方は、もう片方も、かなりの確率でできているでしょう。
ジャーナリング · 04日 7月 2019
自分が自分によって誘われるって、それこそがまさに「自発的」に自ら進んで「する」ことなんじゃないでしょうか? 「させられる仕事」から、自ら進んで「する仕事」に変わるための第一歩として、「まず紙に書くこと=考えること」、そして自分軸をしっかり持つことについて書きました。 「させられる仕事」から、自ら進んで「する仕事」には、自分で考え、選択し、その考えに基づいて行動することが大切になります。 そのために必要なことは、書いて、考えて、自分の中の価値観を確認しながら、「自分」という軸をしっかり持つことが必要になります。

整理整頓 · 25日 6月 2019
デスクマット(使っている人はほとんどいなくなりましたが)の隙間に家族の写真や時刻表やお金などを挟んでいる人はいませんか。 机の前の壁に提出期日前の出欠表や、予定表、招待状を貼っている人がいれば、それは情報漏えいにつながりかねません。
イベント情報 · 14日 6月 2019
SSK (整理整頓継続)プログラムとして、6/27(木)に開催される「健康経営シンポジウム」にブース出展いたします。 SSK(整理整頓継続)と健康経営は、実は密接に繋がりがあります。 その理由は、SSK(整理整頓継続)が習慣化すると、メンタルヘルスケアに役立つからです。 なぜなら、視覚や触覚を通して私たちの脳は実にたくさんの刺激を受け、そしてその処理を行っています。そしてその処理のために脳は疲労してしまっています。 しかし、職場環境が整理され、仕事の流れがスムーズになることで、この無意識の脳の疲労が軽減されていきます。

お金のSSK · 07日 3月 2019
我が家の家計管理をするにあたり、過去を記録するのではなく、未来を可視化するという発想が生まれました。 限りある中で優先順位を考える。  これが、新年度予算案の初めの一歩です。必要なのは、過去の記録ではなく未来の投資への戦略会議でした。 私が、予算をたてて家計管理をする事になったきっかけは、家計簿をつけるのが面倒だと思ったことからでした。 今回は、来年度予算を考えることから将来の展望を持つことについて書きました。 もちろん、会社経営で帳簿をつけないことはあり得ませんが、私は家事の中では省けることは簡素化してきました。 少しのきっかけで、意識の変化が訪れます。 このように、職場を見回した時に、当たり前に行ってきた習慣が本当にするべきことなのかについても、 もう一度立ち止まって考えることも大切ですね。
ジャーナリング · 27日 2月 2019
前回の記事で「まず紙に書くこと=考えること」と書きました。 それは私自身が仕事を続けて来た中で、つくづくそう思います。 ではなぜで「まず紙に書くこと=考えること」になるのか、そしてそれがなぜ「させられる仕事」から、自ら進んで「する仕事」に変わるのかを書いてみたいと思います。

さらに表示する