コミュニケーション · 16日 4月 2020
年齢を重ねると、年下の人に対して自分の方が経験値が高いと思い偉そうになりがちです。 親が子供を所有物のように思ってしまったり・・・ 上司が部下をさげすんだり・・・ 本当にそんな方法で良いコミュニケーションを取れるのでしょうか。
整理整頓 · 23日 3月 2020
枠を超えてしまうときは、外枠を見直すタイミングです。 ボックスや引き出しに整頓できないほど物が溢れたり、形が合わないために整理できないのであれば、オープン収納もOKですが・・・ 最初に「枠を決める」これをしてみましょう。

SSK活動 · 04日 3月 2020
この日は(一社)大阪市産業経営協会の人材育成塾に参加されている若手経営者がお集まりいただきました。 職場における約SSK(整理整頓継続)プログラムとして、(株)シナガワ様にて約1年間お手伝いさせていただいた、成果報告をさせていただきました。
継続するための習慣化 · 04日 3月 2020
いい関係づくりは何から始まるのでしょうか。 初めから相手に嫌悪を持って小馬鹿にした態度で接していては、しなやかな関係性を構築することは難しいですね。 いい関係を構築する方法は ・相手の話をしっかり聴く ・褒める ・感謝する など、多岐にわたると思います。

目的の先にあるもの · 31日 1月 2020
ここに入るだけ、ここに置けるだけ。 その枠を決めることで、仕事の分別はぐっと楽になります。 残すべきものに基準さえあれば、目的も見えてきます。 というより、目的があれば基準は自ずと決まってきます。
目的の先にあるもの · 27日 12月 2019
今年も残りわずかです。 皆さんはどんな1年を過ごされたでしょうか。 我が家のホットニュースは、実父が応募していた「東京2020の聖火ランナー」に選ばれたことです。(父は教育者として、長年地域貢献をしてきました。その成果が評価されたのかなと思います。いくつになっても目標を持ち続ける姿は見習いたいと思います) さて、12月に入り、今年1年を振り返るイベントが続きましたね。 今年の漢字は「令」でしたし、流行語大賞には「ONE TEAM」が選ばれました。 皆さんの組織は、「ONE TEAM」と、胸を張って言えますか。

企業の幹部が目標設定をすることはとても大切です。 まずはお手本になるような目標を決める。 そこから逆算して戦略と戦術を練る。 そんな上司の姿は、素敵ですね。 時間はかかりますが、その行動が自ずと社員に波紋のように広がる。 そこまで従業員が育ってくれたら、経営者冥利につきますよね。 私の子育てもまだまだ道半ばですが、ようやくこれまでの働きがけが少しずつ「自発的な行動」として表面化してきました。 ようやくです 笑
SSK(整理整頓継続)を取り組む上で大切なことの一つに、「社員が同じ方向を向いて歩むこと」があります。 そのためには・・・社内での目標設定が課題になります。 目標設定は、従業員で考えることは大切です。 しかし、まずは会社のビジョンを幹部が考えて実行しようという心意気がないと始まらないでしょう。

ジャーナリング · 25日 9月 2019
学生の頃、「忙しいという字は、心を亡くすと書くんだよ。」と、人から言われたことがありました。その話を聞いた時に、漢字ってよくできているなぁと思いました。でも、じゃぁどうして忙しいと心を亡くすんだろう?とは考えませんでした。 社会人になって仕事をし始めると、だんだんとその意味がおぼろげながら分かってきました。やらなきゃいけないことに忙殺されている状態が続くと、頭の中では常に自分と自分の中の誰かとの会話、独り言とは言えないぐらいの問答が延々と続く状態になってしまいます。 これが慢性化すると「心ここに在らず」の状態になってしまいます。
継続するための習慣化 · 18日 9月 2019
時に自分で判断することは辛く厳しい時もあります。 次に繋げるため、思考を習慣化するため、 「どうしたらいいと思う?」 と問うことが親や上司の愛情の一つだと思います。 どうしたら上手くできるのだろうか?と自分で考える。 周りの人間も「待つ」。 この姿勢が不可欠ですね。

さらに表示する